<NEW!> 委託通販が開始されました

『宝姿画伝』とは

『宝姿画伝』宝塚大学東京メディア・コンテンツ学部

宝塚大学東京メディア・コンテンツ学部によるマンガ領域中心の自主制作誌です。

設立から7年目を迎えた宝塚大学東京メディア・コンテンツ学部。漫画の世界で光り始めた卒業生・在学生と、現役で活躍する講師陣の描き下ろしや過去原稿を収録。イラストレーション領域の講師陣と学生たちの力も借りて発行が叶いました。「哲也-雀聖と呼ばれた男」原作・竹内一郎(さいふうめい)による、「函館 印南編」のシナリオ初稿(Word文書形式のまま掲載予定)は必見です。 

販売情報

ページ数/220P

サイズ/B5

価格/1200円

<今後の頒布>

・イベント

COMITIA内【宝塚大学関連スペース】または【関係者個人スペースにて委託販売】致します。

スペースなど詳細が決まり次第、当サイトもしくはTwitterでお知らせ致します。

 

・通信販売

「とらのあな」様で委託販売をしております。

http://www.toranoana.jp/bl/article/04/0030/15/43/040030154395.html

<発行>

COMITIA105

2013年8月18日(日)11:00~16:00

有明・東京ビッグサイト東5・6ホール

スペース[展04](サークル名:宝塚大学新宿マンガ領域)

 

制作

宝塚大学東京メディア・コンテンツ学部

<作家>(掲載順)

黒郷ほとり/清水幸詩郎/Dr.イム/幸村佳苗/たちばないさぎ/萩原京子/吉田光彦/イエス小池/市野治美/川端新/アしや耕平/竹内一郎(さいふうめい)

 

<表紙>

イラスト:夢島スイ

デザイン:北見隆

構成:高田美苗

 

<タイトルロゴ原案>

松波恵

 

<マンガ領域シンボルマーク>

原案:松本零士

デザイン:藤代実咲

 

<編集代表>

川端新

お問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です