作家陣詳細

黒郷ほとり

黒郷ほとり

「セイレーンのまどろみ」で第1回クラサン杯受賞後、WEB等で読み切りを2本発表。

作品傾向:ファンタジーとは言い切れない程度のファンタジー

清水幸詩郎

清水幸詩郎

第16回少年シリウス新人賞佳作受賞(一喜一憂名義)2013年1月号より同誌にて「2×BONE」連載中。

作品傾向:バトルもの少年マンガを描いています。SFやファンタジーが好きで、現在生物に興味があり、よくモチーフにしています。

サイト】【Amazon

Dr.イム

Dr.イム

平成23年NEO「歌うたいと鉄の鳥」メディアコンテンツ大賞受賞平成24年ジャンプSQシュプリームコミック大賞 「マッドサイエンティストと鉄の心臓」最終候補作受賞平成25年卒業制作展 絵本「水球の中の神様」金賞受賞

作品傾向:バンドデシネ風SF。主にExodus(居場所を求めての脱出)系。現代ものを描いても、どこかファンタジーかつシュール。

サイト

幸村佳苗

幸村佳苗

電子書籍『その勝負(恋!?)、前途多難。』(アズプラスコミック)

作品傾向:ボーイズラブ

たちばないさぎ

たちばないさぎ

1992年花とゆめプラネット増刊「無添加有機世代」でデビュー以後、Silky・フォアミセス・あにすぺ・ねこぷに・ねこぱんちなどに作品を掲載著書に「ハムハムえぶりばでぃ」「ナチュラル~障害はあたしのブランド~」「ひなたの風景」「公認会計士 松本翔の事件簿」「うたで走り抜く」などがある

作品傾向:エッセイ・ドキュメンタリー漫画が多数

サイト】【Amazon

萩原京子

萩原京子

1984年講談社週刊少女フレンドまんがスクール金賞受賞デビュー。以後、ハローフレンド(講談社)、おまじないコミック(実業之日本社)、あぶ~(主婦の友社)、ウーマン劇場(竹書房)などで活動。

作品傾向:ほのぼの家族ストーリー、家族感動ロマンなど、キーワードは「家族」と「感動」。3人の娘の育児とサラリーマン夫との家庭生活で培った主婦ならではの視点で、女性の生き方を描く。

Amazon

吉田光彦

吉田光彦

月刊漫画「ガロ」にて漫画デビュー。漫画での受賞歴はありません。「フリ子の家出」「みじかい夏、長い一日」「球形の街」など。

作品傾向:イラストレーションの仕事とは別に、漫画を表現手段のひとつと考えているので、実験的な表現の短編作品が主で、ジャンルも様々です。

Amazon

イエス小池

イエス小池

ヤングジャンプ青年漫画大賞準入選『雨のドモ五郎』(1987年)ヤングジャンプ月例新人賞佳作賞『死亡少年』(1987年)単行本「サイコホスピダー」(1996年、三一書房)単行本「漫画家アシスタント物語」(2008年、マガジン・マガジン社)文庫本「蟹工船・覇王の船」(2008年、宝島社)

作品傾向:ストーリー漫画、社会派、サブカルチャー、エッセイ

サイト】【サイト(ブログ)】【Amazon

市野治美

漫画:角川書店「RING」シリーズなど。

原作:小学館「Mask」 絵本「どうしてお腹がすくのかな」など。

作品傾向:ストーリー漫画(ファンタジー・オカルト)。原作。

Amazon

川端新

川端新

単行本「マンガでわかる公認会計士-松本翔の事件簿-」(2011年、イースト・プレス)作画単行本「うたで走り抜く」(2012年、少年画報社)作画他、電子書籍向けボーイズラブコミック、PBW用イラスト等

作品傾向:漫画作品は主にJUNEに近い耽美系で文学風。作画のみでは少年・青年層向けの骨太系が多い。

サイト】【Amazon

アしや耕平

TVアニメーション『ジョジョの奇妙な冒険』原画・作画監督ブラウザゲーム『bang/de_mine』キャラデザ/『決戦!戦国VS三国志』背景美術BSジャパン『土曜キネマ』『朝までシネマ』オープニング『among the Golden Mists』作・監督 他

作品傾向:漫画家/アニメーター/映像作家/ゲームグラフィッカー/デザイナーと、ジャンルレスに活動。80年代少年誌〜現代の青年誌的傾向の、やや劇画調の作風を得意とするが、最近は萌え系アニメ作品などにも関わっており、時流や傾向を問わず幅広く描いている。

サイト

竹内一郎(さいふうめい)

竹内一郎(さいふうめい)

『哲也 雀聖と呼ばれた男(星野泰視・画)』(原案担当)で、講談社漫画賞を受賞。『手塚治虫=ストーリーマンガの起源』でサントリー学芸賞を受賞。他に、原作を担当した作品に『少年無宿シンクロウ(星野泰視・画)』『賭博師・梟(星野泰視・画)」(以上、週刊少年マガジン連載)、『アストライアの天秤(小川悦司・画)」(月刊アフタヌーン連載)、など多数。

作品傾向:ピカレスクロマン(悪漢小説)と呼ばれる、アウトローを主人公に据えたものが好きです。本音を語れるところが、自分に合っていると思います。これらは、さいふうめいというペンネームで書いています。研究書やリーガルコミック(法律漫画)などは、竹内一郎の本名で書いています。理性を重んじる部分では本名の方がしっくりきます。

サイト】【Amazon

お問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です